全身脱毛で綺麗な自分になれる~ツルサラお肌実感し隊~

女性

シミはメイクで上手に隠す

エステ

年齢肌に合わせたお化粧を

シミと言っても、大きさも色の濃さも人それぞれです。最近は、カバー力の高いメイク用品が数々出回っているので、色々試して上手にシミ隠しをしましょう。濃い目のシミには、コンシーラーが有効です。シミがお肌の色より濃いからといって、濃い目のコンシーラーを使っては逆効果です。なるべくお肌の色に近いものを選ぶようにします。コンシーラーや、リキッドファンデーションでシミ隠しをした後は、パウダーファンデーションで押さえて、きれいな仕上がりにしましょう。しかし、シミ隠しは、あくまでも応急処置として考えてください。色素沈着して出来たシミは、ターンオーバーに合わせた規則正しい生活を心がけ、美白成分のあるスキンケアなどで、根本からきれいに保ちましょう。最近では、化粧品で隠すだけでなく、エステで施術を受けることでシミを薄くすることもできます。シミの無いキレイな素肌を目指すためにも、化粧品やエステを活用しましょう。

シミの種類と特徴

シミを見つけたらメイクで隠し、増える度にメイクでシミ隠しをしていたら、どんどん厚塗りになってしまいます。肝斑や、そばかすは広範囲で薄いシミなので、顔全体にリキッドファンデーションを薄く伸ばすのが有効です。ベースメイクをきちんとすることで、ナチュラルに隠しましょう。老人性色素斑のような、広範囲でないシミ隠しにはベースメイク後、カバー力の高いコンシーラーをなじませましょう。ファンデーションを重ね過ぎて厚塗りになってしまうと、白浮きしやすくなってしまいます。仕上げのフェイスパウダーは、上から押さえつけるような形でつけるのが、上手なシミ隠しと化粧崩れを防ぐコツです。本来の肌色よりも明るいものは選ばず、本来の肌色に合わせてナチュラルに仕上げましょう。